リノベーション

家づくり相談室_無料建築相談(2018年11月、12月)

佐賀高橋設計室ではアトリエにて無料の建築相談会を開催しています。
(予約制とさせていただいています)

・家づくりを検討中だけど、どこに頼めば良いかわからない
・今住んでいる家やマンションのリノベーションを検討している
・まだ土地はないんだけれど、そろそろ新しい住まいを考え始めている
・建築家の家づくりに興味がある
・その他、家づくりやお店づくりに関するいろいろなこと

建築家による無料相談会、なんていうと少々難しく感じてしまうかもしれませんね。

あまり硬く考えず、お茶を飲みながら気軽に色々な話ができればと思っています。僕自身も、色々な方と知り合い、楽しいお話ができればという思いもありますので。

まずはお気軽にご連絡ください。
基本的に土曜日と日曜日に相談をお受けいたします。

11月の開催日
3日
10日
11日
17日(元町AA STUDIOにて)
18日

12月の開催日
1日
8日
9日
15日
16日
22日
23日

もちろんご要望があれば平日でもお受けいたします。

お名前、ご連絡先、参加人数をメールまたはお電話でご連絡ください。
(お車でお越しの場合は、駐車場をご用意いたします)

ozone リノベーション住宅事例展

11月2日より、新宿のリビングデザインセンターOZONEで開催されている『リノベーション住宅事例展』「小さな写真室のある家」の模型と写真パネルが展示されています。この企画は建築家など57社が住宅事例を模型やパネルで紹介するというもの。

リノベーションのたくさんの事例が一度に見られるこの企画。僕の知り合いの建築家も多く参加しています。近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

会期:2017年11月2日(木)〜11月28日(火)※水曜休館
時間:10:30〜19:00
会場:リビングデザインセンターOZONE(3階ウエルカムプラザ及び6階特設会場)
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
入場:無料

第5回 みんなでつくるくらしのしつらえ

建築家仲間で開催している「みんなでつくるくらしのしつらえ」も今回で5回目となりました。

毎回いろいろと趣向を凝らしているこのイベント。今回もメンバー全員で楽しみながら参加しています。第5回目の今回の目玉は、会場の内装を自分たちでセルフリノベーションしたとです。

内部の解体から始まり、生コン車を手配したり、道路使用許可を取ったり、土間を打ったり、床を張ったり、漆喰を塗ったり。。。。
挙げていけばきりがないのですが完成度はなかなかのものだと全員が自負しております。

そんな会場を見るもよし、僕たちが作っている建材をアレンジしてつくったアイテムを見るもよし、各事務所の模型や写真を見るもよしと色々な楽しみ方ができると思います。
谷根千散策をしながらぜひ遊びに来てください。

もちろん、設計に関する相談もお受けします。

「第5回みんなでつくるくらしのしつらえ」
会期:2017年3月 18日(土)/19日(日)/20日(月)
時間:11時〜17時
会場:東京都台東区谷中7-5-8
GATE OF LIFE(ゲートオブライフ)の「となり」

http://www.classing.jp

 

リフォーム相談会・インテリアセミナーのお知らせ

横浜髙島屋にて1月18日(水)から24日(火)の会期で「インテリアフェスティバル」が開催されます。会場内におきましてAA STUDIOによる「建築家によるリフォーム相談会&パネル展」を開催いたします。

また、1月20日(土)・21日(日)の午後1時と午後3時よりインテリアセミナーを開催いたします。
20日(土)には5’st一級建築士事務所の久保田恵子さんと一緒に、佐賀・高橋設計室の高橋正彦がお話をいたします。皆様、ぜひお誘いあわせの上お越しください。

「建築家によるリフォーム相談会&パネル展」
■日時:2017年1月18日(水)→24日(火)午前10時~午後6時
■場所:横浜高島屋8階 催会場(横浜市西区南幸1-6-31)

「インテリアセミナー」
■日時:2017年1月20日(土)午後1時・午後3時
■担当:久保田恵子・高橋正彦
■日時:2017年1月21日(日)午後1時・午後3時
■担当:古川達也・山田慎一郎

・・・1月20日(土)セミナー内容・・・
『どんなリノベーションがある?』 自分たちの新しい生活の場をつくるとき、新築という選択ではなくあえてリノベーションという方法を選択する人たちが増えてきています。
今回はそんなリノベーションのあれこれを実例をお見せしながら紹介していきます。

ローコストリフォームの予算組み@小さな写真室のあるいえ

ローコスト予算組み

限られた予算の中で、どのように理想の家を手に入れるか?
工事が始まる前に大方の予算は掴んでおきたいものです。

『小さな写真室のあるいえ』の場合は、住んでいるマンションの売却との兼ね合いもありましたので
スケジュール的にあまりノンビリしていられませんでした。

ですのでまずは、設計料も含んだ総予算とご自分たちの要望を教えていただき、
その内容からラフプランを作り、その内容をもとに工事費の総額を試算し、予算の検討をしました。

結果、試算した工事費で予算内に収まる事がわかり、その後計画の細かい部分を詰めていく方法をとりました。とは言え、お二人はファーストプランを気に入っていただき、基本的な設計内容はほとんど変更はなく進みました。

もちろん、場合によっては工事費の試算後に設計内容を打ち合わせをしながら、検討していく場合もあります。その場合でも、一度概算で予算を出しているので、変更によってどれだけ総工事費が変わってくるかも掴みやすくなるわけです。または、最初に要望を元に家の間取りや形を決めて、その後総工事費を出す場合もあります。

いずれにせよ、家づくりにおいて予算がどれくらいかかってくるのかというのはとても重要な事だと思います。

これは、リフォームでも、新築でも同じ事ですね。

 

佐賀・高橋設計室
HP

facebook
Instagram

中古マンションをリフォームする選択@小さな写真室のあるいえ

中古マンションリフォーム

最近ではリフォームの相談が少しづつ増えてきています。
そこにはいろいろな理由があるのでしょう。
では、リフォームを選択する理由はどこらへんにあるのでしょうか?
そのあたりを実例を紹介しながら考えてみたいと思います。

家づくりを考えはじめた時、まず最初に考えることは生活拠点をどこにするか?
ということです。会社までの交通の便のいいところ、実家の近く、住み慣れた場所、憧れの街、等々。。
自分たちで選択した理想の場所に家を建てる。
しかし、予算的に一戸建てを土地から購入してとなると、予算的に厳しくなる場合があります。そうした場合、もう少し土地の安い場所に住むか、生活拠点は変えずに予算内で収まる物件を探すか、ということになります。

『小さな写真室のあるいえ』のお施主さんは、生活拠点は変えずに、予算内で収まる物件を探しそこを自分たちの理想の形にするという形を選択しました。

それは、中古のマンションを購入し、リフォームする。あくまでも場所にこだわったわけですね。もちろん、家族によってはいろいろな選択肢があると思います。
中古の一戸建てをリノベーションする。生活拠点を変えてあくまでも一戸建てにこだわる。

そのあたりの選択肢をどれにするか?ということから相談に来ていただき、いろいろな話の中から家づくりをはじめるという方法もあると思います。

家は欲しいけれど、何から始めていいのかわからない。
という場合でも、まずはご連絡をいただきお話をお聞かせください。

佐賀・高橋設計室

小さな写真室のあるいえが掲載されています

小さな写真室のあるいえ

「小さな写真室のあるいえ」が本日、扶桑社より発売の「リライフプラス Vol.22」へ掲載されました。

この建物は、築40年以上経ったマンションを購入し、自分達の理想の生活に合うかたちに合うようにリフォームしたものです。

是非書店でお手に取ってください。
また、少しずつこのブログでリフォームの内容も紹介していきますのでそちらもお楽しみに!

リライフプラスの取材がありました

IMG_2431

先日、豪徳寺のマンションリフォームの雑誌取材に立ち会ってきました。雑誌は扶桑社より発行されている「relife+」(リライフプラス)です。

引き渡しは今年の2月でしたので、約5ヶ月ぶりの訪問。引き渡し後どのように暮らしてくれているかも楽しみにしての訪問です。
部屋の中に入ると、いろいろなものがセンスよく飾られていて、とても楽しそうに暮らしているのが見て取れてとても嬉しく思いました。

取材を受ける二人

ライターさんと話している内容をこっそり聞いてみると、二人ともこの家をとても気に入ってくれているようで思わずニヤけてしまいます。。。
ご主人さんとはギターの話で盛り上がり、いつも明るく楽しい奥さんと恥ずかしがり屋のかわいい息子さんともいろいろな話ができました。

「時間をかけていろいろなものを揃えていくので、今後も相談に乗ってください」という言葉が何よりも嬉しく感じました。今後どのようにこの部屋が変わっていくかも楽しみです。